エビと夏野菜の天ぷら

揚げたての天ぷらのおいしさは格別で、みんな大好き!下準備にちょっと気を遣えば、油ハネもなく上手に作ることができます。たくさん作っておいて、翌日に天丼や天ぷらそばにアレンジしてみては。

調理時間 30分
エネルギー (1人分) 510kcal
(1人分) 1.5g
エビと夏野菜の天ぷら
作り方
エビは塩をまぶして水洗いし、尾を残して殻をむき、背ワタを取る。尾のとがった部分を取り除き、尾を包丁で斜めに切り、水分をしごき出す。(油がハネない)腹側に2~3本切り目をいれる。(身がそらない)
かぼちゃはわたと種を取り、5mm厚さに切る。(ラップに包み電子レンジ600Wで1分かけてから切ると切りやすい。)グリーンアスパラは根元の固い部分を落とし、長さを半分にする。ごぼうは5cm長さに切り、縦に4~5等分に切り、水にさらし、水気を切る。ししとうはへたを少し残して切り、竹串でところどころ穴をあける。なすは揚げる直前に、1cm厚さの斜めの輪切りにする。
日清キャノーラ油ヘルシーライトを低温(160℃)に熱する。油を熱している間に、天ぷら粉を冷水で溶いて衣を作る。
エビ、野菜類の水分を紙タオルなどでしっかりとる。
野菜に衣をつけて揚げる。しそは裏側に衣をつけて揚げる。ごぼうは小さいボウルに入れて天ぷら粉少量(分量外)をまぶしてから衣(大さじ2)をからめてかき揚げにする。
油を高温(180℃)にする。エビに天ぷら粉少量(分量外)をうすくはたいてから衣をつけて揚げる。
天ぷらを盛り合わせて、天つゆ、大根おろし、おろししょうが、塩を添える。


ポイント

・食材の水分を紙タオルなどでしっかりとることで、油ハネを防止することが出来ます。なすは、揚げる直前に切ることで、水にさらさずに揚げることができます。

・揚げる時、食材を入れ過ぎると温度が急に下がってしまうので、油の表面積の1/3~1/2程度を目安に。揚げかすもこまめに取り除きましょう。

・天ぷら粉と水の比率は、天ぷら粉の種類によって違うので、表示を確認して下さい。

材料 (4人分)
エビ 8尾
かぼちゃ 正味120g
グリーンアスパラ 4本
ごぼう 60g
ししとう 8本
しそ   8枚
なす 2本
日清キャノーラ油ヘルシーライト   適量
~衣~
  天ぷら粉 150g
  冷水    220ml位
天つゆ、塩、大根おろし、おろししょうが   各適宜

 
日清オイリオグループ株式会社 Copyright 2017 The Nisshin OilliO Group, Ltd. All right reserved.